上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

manganiyar, rajasthan folk

 spruce & bambooレーベル作品『ザ・ラジャスタン〜砂漠の表現者たち』の撮影に先立つ2007年に、インド ラジャスタン地方のマンガニヤールのライブパフォーマンスを記録した『manganiyar, rajasthan folk』を製作いたしました。YouTubeに公開後、たくさんの方に興味を持って頂けた作品でしたが、公開時の240PサイズからHDサイズにアップコンバートしたものを今回再公開いたしました。

 マンガニヤールとは、民族音楽の宝庫であるインドのラジャスタン地方に点在する芸能集団ジャーティのひとつであり、中でもジャイサルメールには数多く存在し、またパキスタンとの国境を越えて存在しています。彼らの大部分はスンニ派のイスラム教徒でありながらヒンドゥーのパトロンたちに仕えて生活を営み、社会構造が変化したインド独立後から現在に至っては、祭りや結婚式などで演奏したり、門付けや物乞いによって生計を立てています。
 マング=物乞い、ハール=暮らし、の合成語にその名は由来し、自らを「世界の創造と破壊を司るヒンドゥーの神シヴァによって創造された民」と名乗っています。大変高度な口頭伝承の文化を保ち、世代を通じて伝達されている数々の歌や、使用する楽器 (弦楽器カマイーチャ、両面太鼓ドーラク、打楽器カルタールなど) は典型的で地方色が強く、彼らの音楽を多様に彩っています。

 本作『manganiyar, rajasthan folk』では、ディーヌ・カーン氏のカマイーチャの独奏と、チャナン・カーン率いる6名の楽士からなるグループの、二組のマンガニヤールのライブパフォーマンスをチャーターして撮影しました。YouTube版ではVol1/Vol.2の全二巻にて公開しております。


manganiyar, rajasthan folk - vol.1 : HD version (2015) (10:20)


………………………………………………
 演奏者:ディーヌ・カーン Dinu Khan
 楽曲:Dama Dam Mast Kalandar / Nimbula / Moomal
 撮影地:ジャイサルメール, インド
 製作者:こいで みのる
 公開:2007年 (SD) / 2015年 (HD)
………………………………………………

 ジャイサルメールの中心街北部に位置するカラカール・コロニーに暮らす、ディーヌ・カーン氏によるカマイーチャの独奏。マンガニヤールの特徴でもある弦楽器カマイーチャは年々継承者が少なくなりつつあり、演奏できる人は高齢者ばかりになってきているそうである。ディーヌ氏も撮影当時は齢七十を越えるお方だった。
 カマイーチャの丸い胴体はマンゴの木、ヘッドは象牙、弓は馬の尻尾、弦は六本で太弦は山羊の腸を使用し、細弦は金属を使用。西洋のギターとは弦の貼り方が逆の配列だった。ディーヌ氏の楽器はかなり古い歴史を感じさせる外観で、七世代、三百年以上に渡って弾き継がれているとのこと。この楽器は単に音を出すモノ以上に、先祖代々の魂をも受け継いでいるのだと強烈に感じさせられた。
 そんな歴史を背負っていたものの、ディーヌ氏のカマイーチャはどうやら壊れていたようで、のこぎりを挽くようなアバンギャルドなサウンドを放っていた。本来の澄み切った美しい音色が「砂漠の風」に喩えられるとしたら、ディーヌ氏のこの悲鳴にも近い異様な音色はさしずめ「砂漠の暴風雨」と言ったところだろうか。しかしながら彼の哀愁帯びた歌声にこのカマイーチャのノイジーな音色が絡み合うと、不思議と違和感なく聴こえてしまうのだ。ディーヌ氏の異彩を放ったライブパフォーマンスには、他の楽士とはまたひと味違った独特な「ラジャスタンのブルース魂」を感じさせられた。


【vol.1 楽曲解説】

ダマーダム・マスト・カランダール Dama Dam Mast Kalandar
 遊行の聖者ラール・シャーバース・カランダルを讃える歌で、ヌスラット・ファテ・アリ・カーンなどのカッワーリ歌手がレパートリーにして日本でも有名になった楽曲。カランダールとはイスラム教の聖者 (出家修行僧) を指すと同時に、熊遣いや猿回しなど動物の調教を行う職業集団のことでもある。ディーヌ氏のどっしりとした唄い回しは、燻し銀のような渋みに溢れている。

ニンブラ Nimbula
 レモンに似た果物の木のことであり、花嫁を熟れる前のレモンに喩えている。女性たちが初心 (うぶ) な花嫁を取り囲みその若さを讃えつつ歌う結婚式の祝いの歌である。アラビックな旋律が印象的で、自分が好きな楽曲の一つでもある。いくつかの民族音楽のCDでは「ニブロ」とも紹介されている。ディーヌ氏の振り絞るようなシャウトが印象深い。

ムーマル Moomal
 タール砂漠に伝承する「ムーマルとマヘンドラ」という悲恋物語をテーマにした歌で、ムーマル王女の美しさを歌い上げる幻想的な渋い楽曲。もはやディーヌ氏の演奏は前2曲とほとんど同じ感じに聴こえてしまうが、これがだんだんと病み付きになってしまうから不思議だ。



manganiyar, rajasthan folk - vol.2 : HD version (2015) (10:57)


………………………………………………
 演奏者:チャナン・カーン・アーティスト Chanan Khan Artist
 楽曲:Dama Dam Mast Kalandar / Nimbula / Holi Song / Sufi Bhajan
 撮影地:ジャイサルメール, インド
 製作者:こいで みのる
 公開:2007年 (SD) / 2015年 (HD)
………………………………………………

 チャナン・カーン率いるチャナン・カーン・アーティストは、近年パリで演奏公演を行うなど国際的に活躍しているマンガニヤール6名からなるグループである。
 このライブパフォーマンスは彼らが暮らすカラカール・コロニーのヒルトップにて日没時に行われたが、背景に名所のフォート (砦)を入れる構図では真逆光となってしまったため、多少強引な構図で撮影せざるを得なかった。さらに不運なことに撮影当日の朝からいきなり細菌性の酷い下痢を催してしまい、めまいや嘔吐感と闘いながらの苦しいライブ撮影となり、撮影後半では意識が朦朧としてほとんど気絶寸前だった。そんな訳で色々なことに気を回すことができなかった悔いの残る撮影となってしまったが、両者のライブを改めて対比してみると、どちらも個性が際立っていて興味深いものがある。


【vol.2 楽曲解説】

ダマーダム・マスト・カランダール Dama Dam Mast Kalandar
 こちらのリクエストで通常よりもアップテンポにて演奏して頂いた。特にドーラクとカルタールのリズムのキレの良さが印象的だ。ドーラクを叩く風圧で周辺の砂がふわりと舞い上がる、こんなストリート感のある演奏がたまらない。インド的な輪廻思想に基づくターラ (リズム周期) とメロディの絡み合いは、幾何学的な美しさを思い起こさせる。
 体調不良に加え、撮影直前に照明機材の調子も悪くなってしまい、逆光下での撮影ではカメラの逆光補正とアイリス開閉とNDフィルターを多用して強引に対処したため、記録映像は結構荒くなってしまった。

ニンブラ Nimbula
 リーダーのチャナン氏のハーモニウムのアーラープ (ここでは「導入部」の意) がジャスのインプロビヴィゼーションを思い起こさせる。即興性が強いのはインド北部のヒンドゥスターニ音楽の影響もあろうか。夕陽に溶け込むようなラーガの旋律は、まさに異国情緒たっぷりだ。

ホーリー・ソング Holi Song (Holiya Me Ude Re Gulal)
 このセッションの二日後にホーリー祭 (色粉や色水を掛け合う、豊作祈願の春祭り) を迎えることもあって、彼らが気を利かせて演奏してくれた。一番左の少年シンガー、バブー・カーン君がジャクソン・ファイヴ時代のマイケル・ジャクソンのようにソウルフルに歌い上げていたのが印象的。唄と演奏が噛み合わない箇所があるものの、何か熱いものが伝わってくる。

スーフィ・バジャン Sufi Bhajan
 エンディング・クレジットはディーヌ・カーン氏の唄と演奏で締めくくる。バジャンとはヒンドゥー教の賛歌、ことにクリシュナ神やシヴァ神に対する深い愛情と帰依を歌うものであるが、スーフィ (イスラム神秘主義者) が唄うものはスーフィ・バジャンと言われているようだ。
スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2015 spruce & bamboo. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。