上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raj_034

 半信半疑のまま、アポと取った翌日にカルベリアの時計台無料イベントの打ち合わせをすることとなった。サダルマーケットの時計台はジョードプルのランドマークであり、その周辺にはマーケットが密集していて人の往来が激しいこの街で一番繁盛しているエリアでもある。ホーリーやジョードプル・フェスティバルもここでステージが組まれ、その音楽プロデューサーも今回会うことになったビシュヌ氏が担当しているのだ。

 滞在ゲストハウスから歩いて数分のところに、音楽プロデューサーのビシュヌ・チャンドラ・プラージャパティ氏 Vishnu Chandra Prajapati の事務所があった、寺院を思わせるような広々としたスペースの一角に小さな椅子と長机が立ち並んでいる。小学校も併設しているらしく、彼は教師も兼業しているとのこと。
 自己紹介を交え、これまでの事の経緯を説明して、新しく撮影するカルベリアを探していることを告げる。ビシュヌ氏もジョードプルでは、カルベリアのコミュニティはカル・ナートの村以外には存在しないと言う。
 さらに「カルベリアのイベントをやるつもりだったが、昨日連絡を取ってみたのの、急な話でダンサーが集まらなさそうだ。悪いがこの話は流してもらいたい」とビシュヌ氏から告げられる。初めから実現するとも思っていなかったので、特に落胆はしなかった。これがいつものインド式コミュニケーションなのだ(だがこの記事を書いている今となっては、どうやってカルベリアたちを集めようとしたのかを尋ねればよかったと思う、おそらくカル・ナートの伝だとは思うのだが・・・)。

 ガイドのニッキールが勝手に嘘をついた「職業はテレビ局のレポーター」をどうやって訂正しようかと思い、「昔バイトでやっていた程度だ」と適当に流しておくことにした。ニッキールは、数日前のサンジート・ナタック・アカデミーの館長のマーダン・モーハン・マチュール氏との打ち合わせの直前にも「自分が全部仕切るから何も話さないで欲しい。英語を話せないことにしておいて欲しい(元からそんなに堪能ではないが)」と打診されたが、いざ打ち合わせが始まると、そんな約束とは裏腹に全く普通に会話をしながら進行していった。ニッキールが何を考えているのか時々分からないことがある。
 
 ビシュヌ氏はイベントが出来なくなったことを侘び、先月の二月に開催されたばかりのジョードプル・フェスティバルの映像をVIDEO-CD(インドではこの規格がまだ多い)で観せてくれたのだが、オーディエンス・ショットにも関わらず、予想以上に興味深い内容だった。クラシックカーでのパレード、サハナイ Shanai というチャルメラの様な音を出す吹奏楽器と打楽器ドーラクの合奏(この楽士はランガではないそうだ)、特産物や工芸品の展示即売会の様子などなど。
 そして夜間の部の特設ステージによる、ラジャスタン地方の様々な民族芸能のパフォーマンスが非常に強く印象に残った。フェスティバルの定番、カル・ナート・カルベリアのパフォーマンスも観られたが、大真面目にプーンギーを吹いているカル・ナートが先日のセッションとは別人のように見えて可笑しかった。ビシュヌ氏は彼らをチャーターした金額を聞いて「よくそんな安値で応じてくれたものだ」と感心していた。
 ヒジュラのコミカルな歌や舞も面白かったが、一番印象に残った芸能はファイヤーダンスだった。軍服を着て横ばいになり、腰廻りに火をつけ、メラメラと燃えさかる火に包まれて愛の歌を歌うこの危険なダンスは、かなりのインパクトがあった。これは実際に観たらさぞかし感銘を受けるに違いない。

 ニッキールは都合で退席したたものの、ビシュヌ氏と雑談を交えながら、結局一時間以上映像を観せてもらった。ラジャスタンの大規模な芸能フェスティバルでは、ジャイプル・ヴィラーサト・ファウンデーション Jaipur Virasat Foundation (JVF) とメヘラーンガル・ミュージアム・トラスト Mehrangarh Museum Trust の共催により、二〇〇七年から開始された「第一回ラージャスターン国際民族祭 Rajasthan International Folk Festival (RIFF) 」が十月にジョードプルのメヘランガル城塞で開催されたのが記憶に新しいが、毎年二月に開催されるこのジョードプル・フェスティバルは町内会イベントのような、より親しみやすいプログラムで楽しそうだ。

 別れ間際に、日本でイベントをやる機会があれば是非相談して欲しいとビシュヌ氏から名刺を渡され、フランス語も堪能でさらにダライ・ラマにも謁見したことがあるという、立ち振る舞いが少し大人びた彼の息子に途中まで送ってもらった。


(写真:人なつこいガイドのニッキール(左)と精悍な印象を受けた音楽プロデューサーのビシュヌ・チャンドラ・プラージャパティ氏(右))

grayline

Vishnu Chandra Prajapati (President of Cultural Development Society)
Near Mehta Market, Naya Bass,
Jodhpur, Rajasthan, INDIA



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 spruce & bamboo. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。