上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The-Heart-of-Hindu13

 ミーナルは、聖者シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール Sri Sri Ravi Shankar が主催するバンガロールの The Art of Living で瞑想の講師をしている沈魚落雁な女性である。リシケシュのラムジュラから五キロほど南下したスワミ・スワッタントラナンド・アシュラム Swami Swatantranand Ashram にてラヴィ・シャンカールの講演が開催されるため、わざわざバンガロールの事務局からやってきたそうだ。

 リシケシュのガンガーはハリドワールのそれよりも水温が低く、流れも急である。ラクシュマンジュラから少し上流側では、ゴムボートによるラフティングが盛んに行われているが、現地のインド人によると、この界隈では毎日と言っていいほど、水遊び中に流されて溺死するという事故が多発しているそうだ。実際、滞在したゲストハウスで隣室だったオースラリア人のプロダイバーのプレーム氏からも、「河で泳いでいたら三人の大男が流されてきた。二人は助けられたけど、一人はダメだったよ・・・」という話を聞かされたこともあった。

 ミーナルの撮影はスワッタントラナンド・アシュラム近くの岸辺で行ったのだが、ここも結構な水流で、しかも刺す程の強烈な冷たさ。こんな状況にも関わらず子どもたちは平気で水遊びしているし、ミーナルも十分以上足を水に浸している。私も試してみたけど三分と持たなかった。さらに彼女は流されないよう一人の女性にサポートしてもらいながら、頭まで水に潜りはじめた。下流域のハリドワールですら河の流れは結構速く大変そうだったが、ここでの沐浴はさらに過酷さが増している。ハリドワールは格が高い聖地とされているが、精神的な浄化力はさらにリシケシュ以北の上流が強そうだと感じさせられた。
 ミーナルの濡れた髪が太陽の光に反射して、艶やかな色気を醸し出している。彼女と水の女神ガンガーが重なった瞬間。あぁインド女性ってやっぱり美しいなぁとしみじみ感じさせられた。沐浴後、岸に上がって歯をカタカタと鳴らして震えているミーナルの手を握らせてもらうと、びっくりするほど冷たく、体温が全く感じられない。沐浴は荒行なのだと思わずにはいられなかった。

 後半に流れる女性の美しいソロボーカルは、サンプリング音源を使用して制作。残念ながらミーナルではない。別サンプルからブレス部だけを抽出し、小節の間に追加してリアル感を出した。ガンガーの水音は、同じ場所で 96kHz/24bit で別録りした音源を使用。あまり主張し過ぎないようにイコライジング処理で低音域と高音域をカットしたが、ヘッドフォンで聴くとまだ高ヘルツ側のノイズが少し残っているかもしれない。心地よい水音と雑音とは紙一重なのである。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 spruce & bamboo. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。