上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The-Heart-of-Hindu16

 “アラティ・シヴ・ジ・キ”Arti Shiv Ji Ki という楽曲は“オーム・ジャイ・シヴ・オームカーラ”Om Jai Shiv Omkara とも呼ばれていて、ヨーガ聖者 スワミ・シヴァナンダ Swami Sivananda が作った美しい宗教歌である。夕方のアラティ(礼拝)の時間になると、繁華街シヴゥ・ムルティ Shiv Murti やハリ・キ・パウリー Hari Ki Pauri で、これでもかという程繰り返し流されていたので、特に覚える気はなくとも知らぬ間に海馬の奥にインプットされてしまった。

 シバ神への礼拝を唄ったこの宗教歌をマノージギリが唄っているのを聴いていると、どこか懐かしく切ない気持ちになった。諸行無常、いや風流という方が適切かもしれない。マノージギリの唄は、オリジナルのアラティ・シヴ・ジ・キの歌詞とは全く違うようだ。彼自身が創ったものなのか、他にそういった楽曲が存在するのかは不明だが、いずれにせよ飾らない純朴な唄声には心底癒された。

 マノージギリの表情を時間軸で感じてもらいたいため、編集もワンショットのままで、さらに別の日に収録したものと二種類のテイクを繋ぎ合わせてみた。最後のマントラも意味は分からないものの、なぜかしら懐かしさを感じてしまったし、ヒンドゥの神々に対する切実な想いがひしひしと伝わってきた。


Sadhu Sings "Arti Shiv Ji Ki", Haridwar India : An extract from "The Heart of Hindu" DVD




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 spruce & bamboo. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。