上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The-Heart-of-Hindu20

 エンディング曲の “Hari Sundara Nanda Mukunda” も、前記事同様シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカールのイベントで唄われたバジャンの一曲だ。ここまでのパワフルな熱気は、もはやロックのコンサートを凌ぐと言っても過言でない。

 自分なりの眼差しで、この多彩なヒンドゥの世界を見つめてきたのだが、市井の人々と神々との濃密な関係に感銘を受けずにはいられなかった。そこには切実なまでの「愛」が宿っており、それはキリスト教の愛に喩えるなら、フィリア <人同士の友情> でもなく、エロス <男女の愛> でもなく、アガペー <神への絶対的な愛> に置き換えられる。
 ヒンドゥ教では神に対するこの切実な愛を「バクティ」Bhakti と呼んでいる。すなわち信愛または絶対的帰依、神に対する愛のこころのこもった献身のことであり、親や師に対する敬愛、妻の夫に対する献身的な愛にも繋がっていると言えよう。このバクティを体感することこそが、ヒンドゥの大きな醍醐味なのだと思うのだ。

 バクティという思想は紀元前三~四世紀ごろに作られた「ウパニシャッド」で見られるようになり、さらに神に対する信仰の道として説かれるようになったのは、紀元前一世紀ころに成立した宗教詩「バガヴァッド・ギーター」である。このバクティという教えが出現して以来、インドの宗教は従来のバラモンを中心としたヴェーダに関する知識や祭式を中心とした宗教から、人々の純粋な信仰心だけを中心とした宗教へと変化していった。
 ちなみに仏教では信仰をあらわす言葉として「シュラッダー」Sraddha を用いる。バクティが人格神に対する信愛を意味するのに対して、シュラッダーは理知的な信で、神や仏の教えに対する信頼なのである。

 と言うわけで、映像はいよいよエンディングを迎え、去り行く男のカットで幕を閉じる。人生も旅もまだまだ続くのだ。オーム。【完】


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 spruce & bamboo. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。